2018.08.04更新

アンケート記入日:平成29年7月7日
患者様情報:永久歯・女性・出っ歯・ハーフリンガル

 


Q1.矯正治療を始めようと思った理由は何ですか?
A1.出っ歯なのが嫌だったため。

 


Q2.矯正治療を終えられての感想を教えて下さい。
A2.あっという間に終わってうれしかったです。

 


Q3.矯正装置はいかがでしたか。
A3.はじめの頃は痛かったのですが、時間がたつと平気でした。

 


Q4.当院の説明や治療、料金のお支払いなどは安心できましたか?
A4.できました。

 

 

■治療前

ishiwata nami a


■治療後

ishiwata nami b

 <担当医より一言>

成人の上顎前突の患者さまです。

上下顎前歯は前へ強く傾斜し、口元は前突しています。

口を閉じると筋肉が緊張し、あご先にこわばりが出来てしまいます。

上下の前歯をしっかり引っ込めるために小臼歯を4本抜歯しました。

ハーフリンガル(上は表側、下は裏側の装置)と矯正用アンカースクリュー(インプラント矯正)を使用し、最大限に前歯を後退させて治療を行いました。

上の前歯は10㎜ほど後ろに下がっています。

口元のバランスは良好になり、あご先のこわばりはなくなりました。

もちろん咬み合わせの状態も緊密な結果です。

このように前歯を最大限に引っ込める治療結果は、マウスピース矯正では得られません。

「治る」という言葉は、抽象的な状態を表します。

病院が違えば治り方は異なります。

装置が違えば治り方は異なります。

当院では、どのように治るのか、前歯は何㎜引っ込むのか、口元はどのように変化するのか、目に見えるシミュレーションで治療前に提示致しております。

 

 

投稿者: もも矯正歯科

無料相談ご予約 お申込みフォーム 03-6423-1802
よくあるご質問 staff blog
MoMoの日記 Doctor's File
MoMoの日記
品川マウスピース矯正