2012.01.30更新

みなさんこんにちは、Drももです^^
全豪オープン、錦織選手カッコよすぎですね!!
私も高校時代に硬式テニスに所属しておりましたので、
(試合は全然勝てなかったのですが・・、楽しい思い出ばかりです^^)
この快挙には興奮をおぼえます。
ずっと男子では世界に通じる日本人のトッププレイヤーがいませんでしたから。
しかも技術的にも体力的にも発展途上であることを考えると・・
夢が夢でなくなる気がしてきます。
パワーをもらって、私もまた一歩ずつガンバリマス☆
さて、前回、成長期の骨格性上顎前突の治療についてお話ししました。
今回は永久歯列期の骨格性上顎前突、歯槽性の上顎前突の治療についてお話し致します。
出っぱ
永久歯列期では、下顎骨の前方成長を期待することは出来ません。
ですから、前に出ている上顎の前歯を後ろに下げる治療方法になります。
後ろに下げる治療方法は、大きく分けて2つあります。
①歯を抜く治療
犬歯の後ろにある小臼歯という歯を上顎の2本もしくは上顎の2本と下顎の2本で合計4本歯を抜く方法があります。
歯を抜くとスペースができますから、そこに向かって前歯全体を後ろに下げて出っ歯を治します。
2本抜くか4本抜くかは、前歯を下げる大きさで判断します。
口元の印象を大きく変化させることが出来るのが長所です。
前突
<上顎前突 側方面図>
前突
<上顎の犬歯の後ろの小臼歯を2本抜歯>
前突
<抜歯空隙に向かって前歯を後ろに下げます>
前突
<治療後 前歯が下がり、出っ歯が治っています☆>
②歯を抜かない治療
上顎の歯全体を後ろに下げて出っ歯を治療します。
治療としては困難ですが、ミニスクリューを併用し、数年前よりも比較的楽に治療が行えるようになりました。
永久歯を保存的に治療できることが長所です。
前突
<上顎前突 側方面図>
前突
<上顎の歯全体を後ろに下げて出っ歯を治しています☆>
治療方法が異なると、使用する装置や治療期間、仕上がりが異なってきます。
それぞれの治療方法について説明させて頂き、よくご理解を頂いたうえで治療方法を選択して頂きます。
ちなみに、
上のお写真の患者様は、
レントゲン写真を撮ってみると上顎の後ろの奥行きがありませんでしたので、
上顎の歯全体を後ろに下げる治療は現実的に困難でした。
治療期間や治療後の安定性などを考慮し、患者様とそのご家族様とよく相談しました上で小臼歯を抜歯して治療を行いました。
上顎前突
その方に必要な治療方法をしっかり提示できるのも、幅広い知識とそれに伴う数多くの治療経験を兼ね備えた矯正の専門歯科医師がなせる技だと思います。
治療後に別の治療方法があったことを知ったり、、
自分の思っていた仕上がりや治療期間ではなかった・・、
などということにならないよう当院では診断にも十分な準備をしております♪
どうぞご安心してご来院下さい☆
大田区 大森の矯正歯科/JR大森駅より徒歩2分/品川駅・大井町駅・蒲田駅からも至近/山王・馬込・大森・大井・上池台・池上・久が原・下丸子・糀谷より患者さん多数来院/舌側矯正・裏側矯正/インビザライン/小児矯正/ホワイトワイヤー/サファイアブラケット/初診相談無料・随時受付/phone:03(6423)1802/http://www.momo-kyousei.com

投稿者: もも矯正歯科

2012.01.23更新

みなさんこんにちは、Drももです^^
寒さ厳しい毎日ですが、お風邪などはひかれてませんでしょうか。
TVでマツコデラックスさんが寒さには強い!とおっしゃておられたのをぼんやり思い出していたら気づいたことがあります。
私も確実に寒さに強くなってきている!!
この現実を受け止めるのは少しショック過ぎますっ・・^^:
いつの間にか保温力UP☆
春になったらDietでしょうか・・・
さて、前回の矯正治療についてのお話から随分と日が過ぎてしまいましたが、その続きです☆
今日は上顎前突の治療法についてお話ししますね。
前回、上顎前突には骨格性(骨に原因がある)と歯槽性(歯の位置や傾きに原因がある)があることはご理解いただけたと思います。(矯正治療について 診断編③参照下さい)
矯正治療の場合、原因が異なればおのずと治療方法が異なります。
また、開始年齢(混合歯列期か永久歯列か)によっても治療方法は変わってきます。
では、骨格性上顎前突の治療方法のお話しです。
骨格
①混合歯列期 から治療開始の場合
模式図のように下あごが小さく後ろに位置していますから、身体の成長とともに下あごが前方へ成長すれば自然と上顎前突は治りますよね。
ですから、装置を使って下あごの成長を促進させる治療を行います。
 
取り外しができるバイオネーターという装置で、マウスピースのように咥えて使います。
装着すると、下あごが前方へ維持されます。
毎晩、寝る時に朝まで使用します。
すると、下あごの関節部に骨が出来やすくなり、前方への成長が促されます。
治療前
  <使用例 治療前>
2年ほど使用後
使用後
  <使用例 治療後>
永久歯の交換とともに下あごは大きく前方へ成長し、上顎前突が改善していますね☆
ここまでこれば、歯を抜かなくても正しいかみ合わせになります☆☆☆
骨に原因がある場合は、早期に治療を開始すれば抜歯を回避できることがあります。
お近くの矯正専門医院でのご相談をお奨め致します。
*治療方法・使用装置については、先生方にそれぞれの考え方・治療方法がありますので、この限りではございません。ご了承願います。
次回は、②永久歯列期の治療方法をご説明致しま~す♪
大田区 大森の矯正歯科/JR大森駅より徒歩2分/品川駅・大井町駅・蒲田駅からも至近/山王・馬込・大森・大井・上池台・池上・久が原・下丸子・糀谷より患者さん多数来院/舌側矯正・裏側矯正/インビザライン/小児矯正/ホワイトワイヤー/サファイアブラケット/初診相談無料・随時受付/phone:03(6423)1802/http://www.momo-kyousei.com

投稿者: もも矯正歯科

2012.01.05更新

皆さま、謹んで新春のお慶びを申し上げます。
Drももです^^
年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。
私は、年末は妻の実家の群馬へ、年始から私の実家の愛知へ帰っておりました。
家族と過ごす時間は楽しく幸せで、かけがえのないものだなぁと改めて感じた数日でした。
ただ、暴飲暴食によりお腹周りが益々のご発展を致しましたのは言うまでもありません(汗)
さて、初詣は行かれましたか^^?
私は、妻と伊勢神宮へ参拝致しました。
開業の去年にお参り致しましたので、一年のお礼と今年の祈願を致しました。
伊勢うどんを食べての帰り道、
嬉しい神様からのお年玉頂きました♪
虹
虹のお年玉です☆
なんだか今年一年がとても楽しみな気持ちになりました^^
スタッフ一同、患者様のために出来ることを精いっぱいやっていきます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します!

投稿者: もも矯正歯科

無料相談ご予約 お申込みフォーム 03-6423-1802
よくあるご質問 staff blog
MoMoの日記 Doctor's File
MoMoの日記