2018.01.18更新

アンケート記入日:平成28年2月1日
患者様情報:永久歯・女性・でこぼこ・口元の前突・表側の装置

 


Q1.矯正治療を始めようと思った理由は何ですか?
A1.八重歯が気になっていたのと、歯並びが悪かったため。

 


Q2.矯正治療を終えられての感想を教えて下さい。
A2.自分に自信が持てるようになったし、笑うことが好きになった。

 


Q3.矯正装置はいかがでしたか。
A3.いつも丁寧な対応で、装置にも問題なく治療ができた。

 


Q4.当院の説明や治療、料金のお支払いなどは安心できましたか?
A4.安心できました。

 


Q5.これから治療を考えている方へアドバイスをお願いします。
A5.丁寧に治療して下さるのでとても安心して任せられました。

 


■治療前

hujisawa a

 

■治療後

hujisawa kotono b

<担当医より一言>

永久歯のでこぼこの症例です。

でこぼこの程度は、歯を抜かないでも並べられますが、口元の前突は改善しません。

口元のバランスを考慮し、小臼歯を抜歯して治療を行いました。

当院では、治療前診断時に横顔の写真を修整し、治療後の口元をご確認頂きます。

そのうえで、歯を抜く治療か、歯を抜かない治療かご自身でご検討を頂きます。

当院では、口元のバランスを整えることは、矯正治療でとても重要と考えます。

アメリカの診断では、"Face is first." という言葉があるほどに口元のバランスがキレイにならなければ治療がうまくいったとは考えません。

患者さまのアンケートで、自身の笑顔が好きになったとのこと、本当に嬉しいです。

矯正治療で患者さまが後悔することのないよう慎重にお話をしながら、治療方針を決定致します。

 

 

 

 

投稿者: もも矯正歯科

2018.01.18更新

アンケート記入日:平成28年1月30日
患者様情報:永久歯・女性・開咬・表側の装置

 


Q1.矯正治療を始めようと思った理由は何ですか?
A1.咬み合わせの悪さから、食事の時や眠る時にストレスを感じたため。笑った時のゆがみが気になったため。

 


Q2.矯正治療を終えられての感想を教えて下さい。
A2.思い切り笑えるようになりました。しっかり噛めるようになったので、咀嚼を意識できるようになりました。

 


Q3.矯正装置はいかがでしたか。
A3.やはり始めは痛みを感じ、食事をとるのにも困難を感じましたが、わりとすぐになれることができました。

 


Q4.当院の説明や治療、料金のお支払いなどは安心できましたか?
A4.いつもご丁寧に対応頂き安心できました。

 


Q5.これから治療を考えている方へアドバイスをお願いします。
A5.治療にあたって、多少の痛みや日々気を付けなくてはいけないことはあるけれど、治療を終えれば生活が変わります。一生ものなので、信頼できる先生方とぜひ治療をおすすめします!!

 

*患者さまのご希望によりアンケートのみの掲載です。

 

<担当医より一言>

成人の開咬の症例です。

開咬という咬み合わせは、奥歯は咬み合うが前歯は咬めない状態です。

食べ物を前歯で咬み切ることが出来ないため、食品によっては食べにくいものがあります。

歯の健康の点では、奥歯数本に噛む力が集中するため奥歯を支える骨がダメージを受けて、場合によっては早期に歯を失うことがあります。

前後左右きれいに歯が咬み合わせられることは、1本の歯への負担が小さくなることから、歯の寿命が延びることにつながります。

患者さまには、咬み合わせが良くなったことを実感頂けてとても嬉しいです。

しっかり噛めるところまで治療を致します。

咬み合わせに悩んでおられる方もご安心してご相談ください。

 

 

 

 

 

投稿者: もも矯正歯科

2018.01.15更新

アンケート記入日:平成28年1月30日
患者様情報:永久歯・女性・でこぼこ・表側の装置

 


Q1.矯正治療を始めようと思った理由は何ですか?
A1.親や歯科医のすすめ。

 


Q2.矯正治療を終えられての感想を教えて下さい。
A2.歯みがきが楽になった。何より見た目がよくなってうれしい。

 


Q3.矯正装置はいかがでしたか。
A3.始めたばかりは目立って気になったが、終わりが近付くにつれ目立たなくなり、周りにも気付かれなくなった。

 


Q4.当院の説明や治療、料金のお支払いなどは安心できましたか?
A4.見た目がどんどん変わっていくので、治療に不安はなかった。料金もはじめに言われた通りだったので安心できた。

 


Q5.これから治療を考えている方へアドバイスをお願いします。
A5.思い切り笑えるようになったのは矯正のおかげだと思うので、迷っているならやった方がいいと思う。2年はとても短いと思うので。

 


■治療前

sato aki a


■治療後

sato aki b

<担当医より一言>

成人のでこぼこの症例です。

上顎の犬歯は八重歯ですので、その後ろの歯を抜いてキレイに並べました。

通常は、下顎も同じ位置の歯を抜くのですが、過去に前歯をぶつけて歯が折れたため、白い被せものの歯がありました。

神経も抜かれており、状態が良くないことから、イレギュラーですが、前歯を抜いて治療を行いました。

抜歯を必要とする治療では、出来る限り状態の悪い歯を抜き、良い歯を残す治療を行っています。

治療後の見た目も咬み合わせも問題なく治療を終えています。

矯正治療の結果に喜んで頂けて大変に嬉しいです。

 

 

 

 

投稿者: もも矯正歯科

2018.01.10更新

アンケート記入日:平成27年12月21日
患者様情報:永久歯・女性・出っ歯・口元の前突・表側の装置

 


Q1.矯正治療を始めようと思った理由は何ですか?
A1.歯がきれいな方が、海外に行っても良いと思ったから。

 


Q2.矯正治療を終えられての感想を教えて下さい。
A2.とても嬉しいです!これからは今までの倍笑顔になれる気がします。ありがとうございました。

 


Q3.矯正装置はいかがでしたか。
A3.良かったです。友人にも私から言うまで、矯正をしていると気付かれませんでした(笑)

 


Q4.当院の説明や治療、料金のお支払いなどは安心できましたか?
A4.できました。丁寧に説明をして下さったので。

 


Q5.これから治療を考えている方へアドバイスをお願いします。
A5.ちょっと痛いけど、これから何十年もキレイな歯でいられると思うと、2・3年くらいなんともないと思います。

 


■治療前

 matsuzaka a


■治療後

matsuzaka b

<担当医より一言>

出っ歯と軽度のでこぼこの症例です。上下顎小臼歯抜歯を行い、治療を致しました。

歯並びの写真を見ると、この程度で歯を抜くのかと驚く方もおられるかもしれません。

歯並びと咬み合わせの改善であれば、非抜歯でも治療は可能です。

しかし、非抜歯では口元のバランスをキレイにすることは出来ません。

本症例では、シミュレーションを確認して頂いた上で、抜歯をして前突した口元を後退させてキレイにする診断となりました。

欧米の矯正治療の診断においては、口元のバランスがキレイになることはとても重要です。

患者さまは、中高より短期留学されるなど、海外への意識の高い方でした。

おそらく今後も海外で仕事や生活をされる可能性が高くあります。

日本人は口元の形・バランスについては海外の方ほど意識が高くなく、自己にも他者にも寛容といえます。

しかし、今後海外の価値観に従っていくことを考慮し、慎重に診断を考える必要があります。

患者さまが治療結果に後悔されることのないように治療を行います。

 

 

投稿者: もも矯正歯科

2018.01.06更新

アンケート記入日:平成27年12月19日
患者様情報:永久歯・女性・でこぼこ・口元の前突・表側の装置

 

 

Q1.矯正治療を始めようと思った理由は何ですか?
A1.歯並び(特に八重歯)が長年気になっていたから。

 


Q2.矯正治療を終えられての感想を教えて下さい。
A2.スッキリして思い切り笑えるようになった。写真写りも気にしなくなった。

 


Q3.矯正装置はいかがでしたか。
A3.最初の半年は違和感があったが、その後は慣れた。

 


Q4.当院の説明や治療、料金のお支払いなどは安心できましたか?
A4.安心できました。

 


Q5.これから治療を考えている方へアドバイスをお願いします。
A5.ライフイベントを考えて、やれる時に是非やって欲しい(40代後半でも問題ない。)

 


■治療前

sawada a 


■治療後

sawada b

<担当医より一言>

成人の方のでこぼこの治療です。

でこぼこの程度は軽度~中程度なため、抜歯が必要か判断が難しい症例です。

年齢が40代ですが、歯周組織の状態はとても良好です。

非抜歯の治療では、歯列は横や前方に傾斜して並びます。

その結果、歯が歯ぐきの骨からはみ出す可能性があるため、非抜歯の治療は注意が必要です。

特にこの症例では、八重歯であるため、少しでもはみ出出ると歯肉退縮が起こり、歯根が露出してしまいます。

歯ぐきの骨の中に歯根を収めることは、矯正治療後の予後にとても重要です。

歯周組織の問題、口元の前突の問題、後戻りのリスクの問題、そして歯の状態がとても良いことから抜歯の診断をしました。

治療後の状態はとても良好です。

おそらくこの患者さまは、今後の人生において歯を1本も失うことはないと想像します。

矯正治療の抜歯=将来歯を沢山失う・インプラントが必要になる ではありません。

正しい矯正治療の診断が重要です。

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: もも矯正歯科

無料相談ご予約 お申込みフォーム 03-6423-1802
よくあるご質問 staff blog
MoMoの日記 Doctor's File
MoMoの日記