2018.02.05更新

アンケート記入日:平成28年4月13日
患者様情報:永久歯・男性・でこぼこ・リンガル

 


Q1.矯正治療を始めようと思った理由は何ですか?
A1.裏側に装置を付けて矯正できると知って。

 


Q2.矯正治療を終えられての感想を教えて下さい。
A2.大満足です。

 


Q3.矯正装置はいかがでしたか。
A3.不快でしたが、さすがに慣れました。

 


Q4.当院の説明や治療、料金のお支払いなどは安心できましたか?
A4.装置の料金は最初に決まっていたので安心でした。通院が長引くのが心配でしたが、結果的にここを選んで正解でした。

 


Q5.これから治療を考えている方へアドバイスをお願いします。
A5.今始めたいと思っても2~3年後にならないと治療が終わらないので、2~3年前に治療を始める決意をして良かったと思っています。

 


■治療前

 mashita shinji a

 


■治療後

mashita shinji b

<担当医より一言>

前歯の重度でこぼこと奥歯の咬み合わせが不緊密な症例です。

上顎の2番目の前歯が後ろに引っ込んでいます。

こういう症例では、どの歯を抜くのが良いのでしょうか。

先生によっては、引っ込んだ前歯を抜くかもしれません。

でこぼこを治す治療としては、その方がイージーですが、犬歯が本来の位置から前にずれる咬み合わせになります。

犬歯は咬み合わせにおいて重要な役割がありますが、それは本来の位置にあって初めて機能します。

よって、本症例では、咬み合わせや前歯の審美性を考慮し、犬歯の後ろの小臼歯を抜歯して、前歯のでこぼこをキレイにしました。

治療の難易度は高くなりましたが、奥歯の咬み合わせも上下の歯が互い違いになるように正しく緊密に治療を終えています。

上顎の親知らずを保存し、咬み合わせていますので、抜歯しても永久歯数は減らない治療です。

上下顎裏側の装置で治療を行い、治療結果は診断時のシミュレーション通りです。

 

 

 

 

 

投稿者: もも矯正歯科

2017.12.22更新

アンケート記入日:平成27年12月4日
患者様情報:永久歯・女性・でこぼこ・裏側の装置

 


Q1.矯正治療を始めようと思った理由は何ですか?
A1.下の前歯がどんどん曲がってきた為。

 


Q2.矯正治療を終えられての感想を教えて下さい。
A2.曲がった歯もまっすぐそろい、とても満足しています。

 


Q3.矯正装置はいかがでしたか。
A3.初めのうちは慣れず不便もありましたが、目立たないし慣れれば問題なかったです。

 


Q4.当院の説明や治療、料金のお支払いなどは安心できましたか?
A4.丁寧で安心できました。

 


Q5.これから治療を考えている方へアドバイスをお願いします。
A5.大人の方でも悩まれるよりは治療されてみるのも良いかと思います。

 

*患者さまのご希望により、アンケートのみ掲載です。

 

<担当医より一言>

裏側の装置は、装着した直後は舌の違和感や発音への影響があります。

患者さまによって、その影響の程度は違うようです。

同じ装置を装着していますが、最初から思ったより気にならないという方もおられれば、しゃべりにくく困ってしまうという方までおられます。

装着した時点では、かなり個人差がありますが、2~3か月経てば、どの方も装置に慣れておられ、通常の日常生活に支障が出ることはありません。

 

表側の装置でご苦労されるシチュエーションとしては、やはり外食でしょうか。

どうしても食べたものが装置の間に挟まったり、引っ掛かったりするため、相手の方の目がとても気になってしまいます。

何度もトイレに行って、歯を磨くという話も聞きます。

裏側の装置では、そういったストレスがありません。

当院では、治療期間が長期化することや症例によって適用できないということもありません。

ご興味のある方はご相談ください。

 

 

投稿者: もも矯正歯科

2017.12.07更新

アンケート記入日:平成27年9月24日
患者様情報:永久歯・女性・でこぼこ・出っ歯・裏側の装置

 


Q1.矯正治療を始めようと思った理由は何ですか?
A1.歯並びが悪いことがずっと気になっていた。顎関節症がひどくなってきたから。

 

Q2.矯正治療を終えられての感想を教えて下さい。
A2.見た目もキレイになり、咬み合わせも良くなったので、良かったです。

 


Q3.矯正装置はいかがでしたか。
A3.思っていたより痛みは少なく、大丈夫でした。
 

 

Q4.当院の説明や治療、料金のお支払いなどは安心できましたか?
A4.いつも丁寧にしていただいていたので、安心できました。


 
Q5.これから治療を考えている方へアドバイスをお願いします。
A5.もっと早めにやっていればよかったな、と思っています。
 
 

■治療前

takeda a

 
■治療後
 
 takeda b

<担当医より一言>

成人のでこぼこと出っ歯の患者さまです。

小学生の頃に、デコボコがひどくなりそうだと判断され、小臼歯を4本抜歯されています。

これ以上歯は抜けないので、非抜歯で出っ歯の治療を行いました。

インプラント矯正(矯正用アンカースクリュー)を併用し、上顎歯列全体を後方へ移動し、出っ歯を改善しました。

アンカースクリューが無い時代では、裏側矯正ということもあり、治せなかったかもしれません。

現代では、アンカースクリューを固定源にして上顎歯列全体を後方へ牽引することが出来るため、安定的に治療を行えます。

(とは言っても、高度な治療技術が必要であり、簡単な治療ではありません。)

上下裏側の治療ですが、咬み合わせも緊密で出っ歯も完全に治っています。

咬み合わせの改善により、顎の位置が安定し、顎関節症状の軽減につながったと考えます。

矯正治療は歯並びを整えるだけではなく、咬み合わせの機能も治らなければなりません。

より質の高い治療を提供できるよう日々研鑽しています。

 

 

投稿者: もも矯正歯科

2017.11.29更新

アンケート記入日:平成27年7月5日
患者様情報:永久歯・女性・でこぼこ・開咬・裏側の装置

 


Q1.矯正治療を始めようと思った理由は何ですか?
A1.小学生の頃から指摘されていたため。肉や麺類が噛めなかった。(噛み切れなかったため)

 

Q2.矯正治療を終えられての感想を教えて下さい。
A2.お肉や麺類が食べやすくなりました。笑った顔が前より整っていて、笑顔(口を開けて笑って)写真を撮るようになりました。


 
Q3.矯正装置はいかがでしたか。
A3.時々は針金が刺さって痛い時がありました。連絡すれば対応してくれました。あまり周囲に気付かれずできました。

 

 

Q4.当院の説明や治療、料金のお支払いなどは安心できましたか?
A4.分かって払うことができて、楽でした。


 
Q5.これから治療を考えている方へアドバイスをお願いします。
A5.歯みがきを頑張ること。普通の時より難しいので。

 

 

■治療前
 nasu seiko a


■治療後
 nasu seiko b

<担当医より一言>

成人の開咬の患者さまです。上下顎リンガル(裏側)の装置で治療を行いました。

開咬の矯正治療は、不正咬合の中でも治療の難易度が高い治療です。上下顎で小臼歯を抜歯し、矯正用アンカースクリューを併用して治療を行いました。

治療期間は2年半です。表側の装置の治療と同じクオリティーの治療結果です。咬み合わせもパーフェクトな状態です。

裏側の治療は、発音の問題や舌がこすれやすいという問題がありますが、慣れますのでご安心下さい。。

当院は、急患対応にも診療時間内であれば必ずお受けしております。

スタッフ全員でサポート致します。

 

治療後、笑顔で写真を撮るようになったとの事、本当に嬉しいです。

お食事も前歯で咬み切れるようになったと感動して頂きました。

矯正治療は、必ずしなければならない治療ではありませんが、治療頂くと人生がより豊かになります。

そういう治療結果を患者さまに提供できるよう、スタッフ一同、日々研鑽しております。

 

 

 

 

 

 

 


 

投稿者: もも矯正歯科

2017.10.19更新

アンケート記入日:平成27年1月22日
患者様情報:永久歯・女性・でこぼこ・口元の前突感・出っ歯・裏側の装置

 


Q1.矯正治療を始めようと思った理由は何ですか?
A1.歯並びが悪くて、人の前で笑ったりできなかったから。

 

 

Q2.矯正治療を終えられての感想を教えて下さい。
A2.笑えるようになったことがとてもうれしいです!もっと早くやりたかったです。
 


Q3.矯正装置はいかがでしたか。
A3.思っていたより目立たないし、それほど痛くなかった。
 


Q4.当院の説明や治療、料金のお支払いなどは安心できましたか?
A4.初めにしっかり教えてもらっていたので不安はありませんでした。
 


Q5.これから治療を考えている方へアドバイスをお願いします。
A5.歯医者にこわいイメージがあると思いますが、もも矯正歯科さんはとても安心して治療ができると思います。

 


Q6.当院へ何か改善点などございましたら、どうぞお教え願います。
A6.ないです!本当にありがとうございます♪
 

 

■治療前
 shiina a

 

■治療後

shiina b

 

<担当医より一言>

前歯のでこぼこと口元の前突のある症例です。上あごの2番目の前歯がひどく後ろに引っ込んでいます。上下顎で4本抜歯し、裏側(リンガル)矯正で治療を行いました。治療期間は2年3か月です。

親知らずを抜かずに並べていますので、永久歯数は28本あります。親知らずは活かせる場合がありますので、矯正診治療をお考えの方は抜かない方が良い場合もあります。

当院の裏側矯正は、治療結果も治療期間も表側矯正と同じです。治療結果に満足頂けてとても嬉しいです。

裏側矯正治療にご心配な方も多くおられると思います。当院では、治療前に治療後の状態(歯並びと口元の変化)をシミュレーションでお見せ致します。

その通りに治療を行いますので、ご安心ください。

投稿者: もも矯正歯科

2017.10.12更新

アンケート記入日:平成26年11月28日
患者様情報:永久歯・女性・でこぼこ・裏側の装置・部分矯正

 


Q1.矯正治療を始めようと思った理由は何ですか?
A1.前歯が1本だけ奥にあり、笑う度に気になっていたから。

 

 

Q2.矯正治療を終えられての感想を教えて下さい。
A2.きれいな歯並びになって、とても満足している。
 


Q3.矯正装置はいかがでしたか。
A3.最初は気になったが、すぐ慣れた。痛みも治療に来た日の夜だけわずかに痛んだだけだった。
 


Q4.当院の説明や治療、料金のお支払いなどは安心できましたか?
A4.とても安心できた。
 


Q5.これから治療を考えている方へアドバイスをお願いします。
A5.大人になってからでもすぐに治せるので是非!

 

 

■治療前

kobayashi a
 
■治療後

kobayashi b

 

 

<担当医より一言>

奥歯の咬み合わせに問題がなければ、前歯のみの部分矯正が可能です。裏側(リンガル矯正)から治療し、期間は10か月ほどでした。裏側の装置による発音の低下をご心配されておられましたが、お仕事にも大きな影響なく治療を受けて頂きました。

治療後にホワイトニングもされ、とてもキレイな歯並びですね。矯正治療が不安で躊躇されておられる方も是非ご安心してご相談ください。

 
 

投稿者: もも矯正歯科

無料相談ご予約 お申込みフォーム 03-6423-1802
よくあるご質問 staff blog
MoMoの日記 Doctor's File
MoMoの日記
品川マウスピース矯正