当院の治療例

当院の治療例を小児矯正から成人の方の矯正まで、歯並び別にまとめております。

歯のでこぼこ=叢生

 
 

[小児矯正]でこぼこの改善(あご骨の拡大)

8~10歳の間にあごの横幅を拡げて、でこぼこなく歯が並ぶためのスペースを作ります。Ⅰ期治療を行うことで、前歯がキレイに並び、将来的に抜歯の治療を回避することができました。

使用した装置 拡大装置・マルチブラケット装置
治療期間 1年2ヶ月

治療前

↓

治療後

[小児矯正]でこぼこの改善(歯列の側方拡大)

でこぼこの改善のために、抜歯をせずに歯列を拡大して治療しました。歯槽骨の大きさや口元のバランスなどが良好な場合に可能な治療方法です。

使用した装置 拡大装置・マルチブラケット装置
治療期間 1年7か月

治療前

治療中

治療後

[小児矯正]でこぼこの改善(小臼歯4本抜歯・親知らず4本の保存)

重度のでこぼこと受け口の改善のために、上下小臼歯4本を抜歯して治療しました。ただし親知らずをキレイにかみ合わせましたので、永久歯の総数(28本)は一般成人と比べても変わりなく治療ができました。

使用した装置 マルチブラケット装置
治療期間 2年2ヶ月

治療前

治療中

治療後

部分矯正の治療例(成人女性・治療期間6ヵ月)

右側の引っ込んだ前歯をキレイに並べるためには、2.0mmのスペースが不足していました。そこで、前歯4本と犬歯の両脇を0.2mmずつ削り、不足したスペースを解消し、でこぼこを治しています。治療期間・費用ともに全体の矯正の1/3ほどで治療ができました。

治療前

治療中

治療後




でこぼこの治療例と治療後のアンケート

 


 

無料相談ご予約 お申込みフォーム 03-6423-1802
よくあるご質問 staff blog
MoMoの日記 Doctor's File
MoMoの日記