[子供への矯正]でこぼこの改善(あご骨の拡大)

8~10歳の間にあごの横幅を拡げて、でこぼこなく歯が並ぶためのスペースを作ります。Ⅰ期治療を行うことで、前歯がキレイに並び、将来的に抜歯の治療を回避することができました。

使用した装置 拡大装置・マルチブラケット装置
治療期間・費用 1年2ヶ月・40万円程度

治療前

↓

治療後

[子供への矯正]でこぼこの改善(歯列の側方拡大)

でこぼこの改善のために、抜歯をせずに歯列を拡大して治療しました。歯槽骨の大きさや口元のバランスなどが良好な場合に可能な治療方法です。

使用した装置 拡大装置・マルチブラケット装置
治療期間・費用 1年7か月・90万円程度

治療前

治療中

治療後

[子供への矯正]でこぼこの改善(小臼歯4本抜歯・親知らず4本の保存)

重度のでこぼこと受け口の改善のために、上下小臼歯4本を抜歯して治療しました。ただし親知らずをキレイにかみ合わせましたので、永久歯の総数(28本)は一般成人と比べても変わりなく治療ができました。

使用した装置 マルチブラケット装置
治療期間・費用 2年2ヶ月・95万円程度

治療前

治療中

治療後

部分矯正の治療例(成人女性・治療期間6ヵ月)

右側の引っ込んだ前歯をキレイに並べるためには、2.0mmのスペースが不足していました。そこで、前歯4本と犬歯の両脇を0.2mmずつ削り、不足したスペースを解消し、でこぼこを治しています。治療期間・費用ともに全体の矯正の1/3ほどで治療ができました。

治療前

治療中

治療後

治療期間は6か月で、治療費は40万円ほどでした。前歯のでこぼこのみキレイにする部分矯正ですので、奥歯の咬み合わせは治療前後で変化していません。咬み合わせも良好な状態です。

                                                                    

                                                                                   


矯正治療の一般的な副作用について
・歯の移動に伴い、歯に痛みが生じる場合があります。(装置装着後3~4日の痛み・知覚過敏)・装置の使用状況や通院頻度は、治療の進行に影響を与えます。
・装置の形状により、治療期間中に舌や頬粘膜を傷つける場合があります。
・歯の移動に伴い、歯根の形態が変化する可能性があります。
・歯の移動に伴い、歯肉の形態が変化する可能性があります。
・歯の移動に伴い、口元の形態が変化する可能性があります。
・歯の移動に伴い、矯正治療後に被せもの(クラウン・インレー)の再治療が必要な場合があります。
・装置の形状によっては、歯磨きが容易ではなくなりますことをご理解願います。虫歯や歯肉炎罹患のリスクが高まりますので、毎日の口腔衛生管理の徹底にご協力願います。
・治療中に顎関節に症状が出ることがあります。その場合は、担当医師にご連絡をお願いします。
・矯正治療後に後戻りする可能性があります。


 

よくあるご質問 staff blog
MoMoの日記 Doctor's File
お気軽にお問い合わせください
MoMoの日記
品川マウスピース矯正