当院の治療例

当院の治療例を小児矯正から成人の方の矯正まで、歯並び別にまとめております。

 
 

受け口=反対咬合

[3~5歳の乳歯列]受け口の改善

乳歯列の受け口の原因の多くは、舌の位置にあります。上の前歯の後ろの歯ぐきに舌先をつけるのが正しい位置ですが、下の前歯の後ろに舌先をつけることで、下の前歯が前に押され、反対咬合(受け口)になります。ムーシールドという取り外し式の装置を使って、舌の位置を矯正しながらかみ合わせを治します。

使用した装置 ムーシールド
治療期間 8か月

治療前

治療後

[7~12歳の混合歯列]受け口の改善

永久前歯が生え変わって反対咬合(受け口)になった場合は、早急の改善が必要です。その理由は、前歯のかみ合わせのために上あごの成長が抑制されてしまうからです。そのまま成長期を迎えると上あごと下あごのアンバランスが大きくなってしまいます。

使用した装置 床矯正・マルチブラケット装置
治療期間 10か月

治療前

↓

治療後

[永久歯列矯正]受け口の改善(非抜歯)

非抜歯で受け口とでこぼこの改善をしています。右下の親知らずを前方に移動して、虫歯で抜去され、かみ合わせの無いところもしっかり噛めるようになりました。

使用した装置 マルチブラケット装置
治療期間 2年4ヶ月

治療前

治療後

[永久歯列矯正]受け口の改善(小臼歯抜歯)

受け口と重度のでこぼこの改善のために、小臼歯4本を抜歯して治療を行いました。下の前歯は大きく後ろに下がり、かみ合わせが治りました。「下唇も後ろに下がったので、人から横顔がキレイになったねとホメられます。」と感謝のお言葉をいただきました。 

使用した装置 マルチブラケット装置
治療期間 2年2ヶ月

治療前

治療中

治療後




受け口の治療例と治療後のアンケート

 


 

無料相談ご予約 お申込みフォーム 03-6423-1802
よくあるご質問 staff blog
MoMoの日記 Doctor's File
MoMoの日記