治療の流れ

もも矯正歯科では、治療中はもちろん、治療を始められる前、そして治療が終了した後までも、患者さんが不安を感じることのないように丁寧かつ綿密な診断を重要視しています。また治療の進み具合や、その治療の持つ意味を、都度ご説明しております。

1.ご相談・カウンセリング(無料)

初診の患者さんは、歯並びに関するお悩みやご質問をお伺いします。
その後お口のチェック、症状の確認をし、患者さん一人ひとりに適した矯正歯科治療についてご説明いたします。
治療期間や費用など、ご不安なことがございましたらご相談ください。
初診相談は無料です。お気軽にご相談ください。

↓

2.精密検査

お口の状態と頭部の骨格を把握するために、頭部X線装置 デジタルセファロレントゲン(矯正専用)で撮影をし、患者様の歯型をとります。

また、虫歯や歯周病の検査なども行います。
治療方法や治療期間の目安、費用などもご説明いたします。

↓

3.診断・3Dシミュレーション

デジタルセファロレントゲンや、口腔内検査を元に診断結果をお伝えいたします。また現在の症状や患者さんのご希望を考慮し、お一人おひとりに適した矯正装置や治療法のご説明をいたします。

また最新の3Dシミュレーション・システムにより、治療後の状態を確認できます。実際の歯の移動に則して設計されますので、ご自身の治療の仕上がりをほぼ忠実に再現できます。ご覧になった上で、ご自身が納得した治療法を選択することができます。

↓

4.矯正治療開始

実際に矯正装置を装着します。当院ではインダイレクトボンディング法の採用により、高精度かつ短時間で装着が可能です。(装着自体にかかる時間は5〜10分程度です)

装着後は、装置があるため歯磨きがしづらくなりますので、ブラッシングの方法を指導いたします。また日常生活での注意点などもご説明いたします。私たちと一緒に、お口のケアも頑張っていきましょう。

↓

5.装置装着期間

矯正装置の装着期間は症状にもよりますが、一般的に小児矯正で半年~3年、成人矯正で1~3年ほどです。
治療期間中は月に1回ほど定期的に通院していただき、治療経過を観察しながら装置の調整などを行います。

↓

6.矯正装置を外す

理想通りの歯並びになりましたら、矯正装置を外します。
しかし治療が終了した直後の歯は安定せず、元に戻ろうとしてしまいます。 これは、歯と歯茎を結んでいる繊維が矯正歯科治療前の形に戻す力を歯に加えるためです。
そこで、リテーナーという取り外し式の保定装置を使用し、歯並びを安定させる必要があります。一般的にリテーナーの使用期間は2~3年ほどですが、経過によっては期間が変動します。

無料相談ご予約 お申込みフォーム 03-6423-1802
よくあるご質問 staff blog
MoMoの日記 Doctor's File
MoMoの日記