インダイレクトボンディング法

精度の高い治療を実現

矯正装置を患者さんの歯に装着する際に、矯正医は細心の注意を払います。なぜなら「装置がどう歯に装着されたか」の微妙な違いが、「どれだけキレイな歯並びに仕上がるか」や「治療期間を短くできるか」に関わってくるからです。ここではマルチブラケット装置(表側や裏側の矯正装置)を装着する2つの方法についてご説明いたします。

ダイレクトボンディング法

多くの矯正歯科専門医院で行っている方法です。矯正医が装置のひとつひとつを歯に貼り付けていく方法です。

メリット

  • 技工作業が必要ないため、医院にとって時間や経費がかかりません。

デメリット

  • すべての歯に装置を装着し終えるまで、患者さんはお口を30分以上開けていなくてはなりません。
  • お口の中で誤差なく正しい位置に装置を装着することが、技術的に難しいです。

インダイレクトボンディング法

当院で行っている方法です。患者さんに合わせたトレーを製作し、一度に装置を装着できます。

メリット

  • 施術時間が短く、患者さんに負担をかけません。
  • 模型上で装置の位置決めを行うので、精度の高い装置の装着が可能です。その結果、歯が早くキレイに並びますので、全体の治療期間の短縮と治療結果の向上につながります。

デメリット

  • 技工作業が必要なため、医院の負担する時間と経費がかかります。

当院では、患者さんのために最善の努力をすることを惜しみません。院内ラボで患者さんお一人おひとりのトレーを製作しております。

インダイレクトボンディング法

患者さんの歯型模型を作ります。

↓

模型の歯へ、正確に装置の位置決めのラインを引きます。

↓

模型上に装置を0.1mm単位の精度で貼り付けていきます。

↓

トレー製作のため、模型上の装置を特殊なシリコンで覆います。

↓

さらに熱で軟化した専用のシートをバキュームフォーマーで圧接します。

↓

模型から硬化したシリコントレーを取り出し、トリミング成形します。
正確な位置決めをしたマルチブラケット装置はシリコントレー内におさまります。
ここまでを装着までに製作します。

↓

患者さんが装置を装着する当日です。

トレー内の装置接着面に歯科用接着剤を塗布し、トレーを患者さんの歯に戻します。シリコンによって歯の形が印象されているので、正確にはまります。接着剤が硬化後にトレーを除去すると理想的なポジションに装置が接着されています。患者さんの装置装着にかかる時間は約5〜10分です。(クリーニングや歯面処理などの時間は省きます)装置にワイヤーを装着したら完了です。

↓

実際の7か月後の写真です。

早くキレイに歯が並んでいるのがわかりますね。装着前の技工作業に手間がかかりますが、治療結果が大きく変わりますので、当院では省くことが出来ない工程です。

無料相談ご予約 お申込みフォーム 03-6423-1802
よくあるご質問 staff blog
MoMoの日記 Doctor's File
MoMoの日記