抜歯した歯の移植(自家歯牙移植)

義歯でもインプラントでもなく、ご自身の歯を活かす治療法です。

歯科の治療において、虫歯や外傷などで歯を失った場合に、自分の親知らずなどの歯をその場所へ埋入し、失った歯の代わりとしてかみ合わせを回復させる技術があります(自家歯牙移植)。

矯正治療においては、重度のでこぼこや上顎前突などの症例で、小臼歯の抜歯が必要になることがあります。
当院では、矯正治療のために抜去した歯を、もともと喪失していた歯の場所へ移植を行っています。患者さんの長期的に安定した歯並び・かみ合わせを獲得するために、最大限の努力を惜しみません。

メリット

  • 義歯やブリッジをしないで済みます。
  • 食物の固さを知覚できます。(天然歯の歯根のまわりには、歯根膜という感覚器が存在するため)
  • インプラントのように長期的なメンテナンスが必要ありません。

※歯の移植は、当院と連携している医院にて口腔外科専門医が処置を行います。

歯の移植は、当院と連携している医院にて口腔外科専門医が処置を行います。

移植前

でこぼこをキレイにするために治療を開始しました。検査・診断の結果、上あごはでこぼこの度合が大きいため抜歯が必要でした。下あごはすでに虫歯で喪失した歯がありました。ブリッジというダミー歯の被せ物で修復してあります。

そこで、できる限り歯を保存するという治療目標のもと、矯正治療のために抜去した上あごの歯を、下あごの歯の失った場所へ移植することになりました。

↓

移植後

無事に、歯の無かった場所へ、自分の歯の移植が完了しました。

移植半年後も、動揺もなく、良好な状態です。

                                                                   

                                                                    

 


矯正治療の一般的な副作用について
・歯の移動に伴い、歯に痛みが生じる場合があります。(装置装着後3~4日の痛み・知覚過敏)・装置の使用状況や通院頻度は、治療の進行に影響を与えます。
・装置の形状により、治療期間中に舌や頬粘膜を傷つける場合があります。
・歯の移動に伴い、歯根の形態が変化する可能性があります。
・歯の移動に伴い、歯肉の形態が変化する可能性があります。
・歯の移動に伴い、口元の形態が変化する可能性があります。
・歯の移動に伴い、矯正治療後に被せもの(クラウン・インレー)の再治療が必要な場合があります。
・装置の形状によっては、歯磨きが容易ではなくなりますことをご理解願います。虫歯や歯肉炎罹患のリスクが高まりますので、毎日の口腔衛生管理の徹底にご協力願います。
・治療中に顎関節に症状が出ることがあります。その場合は、担当医師にご連絡をお願いします。
・矯正治療後に後戻りする可能性があります。


 

 

よくあるご質問 staff blog
MoMoの日記 Doctor's File
お気軽にお問い合わせください
MoMoの日記
品川マウスピース矯正